YAMATO

男たちのYAMATO。
見てきました。

この映画は特に戦争の残酷さ、日本の犯した過ちを
強調した内容というより、純粋に、愛する人や家族、
国を守るために戦った人達を描いた作品だと思います。

ちょっと微妙なところもあった気がしますが、後半は
かなりこみ上げてくるものが。
最後に長渕さんの歌が流れてくると・・・もうたまらない。

自分達が当り前に平和に生きていることに感謝しなきゃ!
としみじみ思った映画だったかな。
[PR]
by sorarin11 | 2005-12-18 23:57 | diary
<< う、 げっとじょぶ >>