The pursuit of happ"y"ness.

昨日公開になっていた「幸せのちから」を見てきました。

医療機器販売をしていたクリス・ガードナーさんが
どん底の生活から脱出するために一流証券会社への
就職を目指すという内容。

テレビのコマーシャルでストーリーの結末が読めてしまっていたのが
なんとも残念。というかあれは無しでしょ…。

でも、内容が分かっていてもジーンとくるものがある内容でした。
どうしようもない状況を打開しようと親が子供のために必死に
働くっていう姿は凄いかっこよかった。

自分もかくあるべき(?)かなとちょっと考えさせられました。
[PR]
by sorarin11 | 2007-01-28 23:48 | diary
<< あう。 仮配属面談 >>